2021年10月5日(火)より放送スタート!「オー!マイベイビー ~私のトキメキ授かりロマンス(2020)」

ドラマ

“子供を産みたいーー”
彼氏いない歴10年のアラフォーの私…
だけど、私にはもう時間がないの!!

<放送スケジュール>
チャン・ナラ & コ・ジュン主演「オー!マイベイビー~私のトキメキ授かりロマンス(2020)」
BS12:毎週月曜〜金曜 18:00〜19:00(全20話)
2021年10月5日(火)より放送スタート!

<概要>
◆BS初放送!”ラブコメ女王” チャン・ナラの4年ぶりラブコメ復帰作!
結婚よりは子供が先!?私の“授かりロマンス”の相手は誰?美貌、実力、性格まで完璧な理想の女性 チャン・ハリが、結婚を諦めた瞬間 現れた3人の男性。それぞれ違う魅力の彼らとのトキメキいっぱいの4角関係ロマンス!果たして、彼女の“授かりロマンス”の相手になるのはいったい誰なのかーー!? 

◆アラフォー女性が抱える 結婚・仕事・育児への共感ストーリー!
ヒロインの仕事は育児雑誌の次長。未婚で出産経験もないが、育児雑誌の制作に携わっているだけにあらゆる情報を持っている。39歳になったヒロインが、”妊娠を望むなら半年以内に”と医師に宣告されてから、彼氏もいないこの状況を考えると結婚よりも子供を望むのが先だと考える。しかし周りにはひどく非難され、”そんな考えの人が育児雑誌を作っているなんて!”と愛読者からも背中を向けられ、仕事を失う状況に追い込まれる。それでも、自分の考えを優先して突っ走るのではなく、周りからも理解を得られるように説得を試みる姿勢がヒロインの魅力の一つとなっている。

◆脚本は、元育児雑誌記者のノ・ソンジェ脚本家!
リアルに描かれているのもそのはず。ノ・ソンジェ脚本家は、元育児雑誌の記者だ。そこへ多彩なジャンルで演出力を認められているナム・ギフン監督が合流し、視聴者の心を掴むアラフォー独身女性の気持ちをリアルに描く!

ハン・イサン役:コ・ジュン
フリーランスのフォトグラファー

17年間一途に愛した初恋女性との別れが原因で独身主義者となる。
一見無愛想だが実は心優しい年上男性。

チャン・ハリ役:チャン・ナラ
育児誌“THE BABY“次長

美貌とユーモアを兼ね備えたキャリアウーマン。
しかし彼氏いない歴10年。
子どもが大好きでいつか母親になることが夢。

ユン・ジェヨン役:パク・ビョンウン
小児青少年科専門医

裕福な家庭に生まれた秀才で、ハリの幼なじみ。
シングルファーザーになってからハリの家に居候をしている。

チェガン・ウトゥム役:チョン・ゴンジュ
“THE BABY“広告チームの新入社員

少女漫画に出てきそうなビジュアルの超ポジティブ年下男子。
一生懸命に働くが何故か怒られてばかりの日々。

<ストーリー>
育児雑誌「THE BABY」の次長 チャン・ハリ(チャン・ナラ)は大の子供好きだ。しかし、ある日39歳の自分が自然妊娠できる確率を知り、そして子宮内膜症の疑いがあるため、妊娠を望むなら 6 カ月しか時間がないと医師に宣告される。10年も恋をしていないハリは、結婚よりも子供が欲しい、母になりたいと強く思い、父となる男性を探し始める。独身主義者の年上男性 ハン・イサン(コ・ジュン)。家族のような男友達 ユン・ジェヨン(パク・ビョンウン)。新入社員の年下男子 チェガン・ウトゥム(チョン・ゴンジュ)。全く異なるタイプの3人の男性を候補とし、いろいろと思考錯誤するものの一筋縄にはいかない。自分の幸せだと考える妊娠をするため悩むハリは幸せになれるのか。

<キャスト>
チャン・ハリ役:チャン・ナラ
ハン・イサン役:コ・ジュン
ユン・ジェヨン役:パク・ビョンウン
チェガン・ウトゥム役:チョン・ゴンジュ
イ・オクラン役:キム・ヘオク
キム・ウニョン役:イ・ミド
ナム・スチョル役:チョ・ヒボン
チュ・スンテ役:チョン・ジンギ
シン・ジョンファ役:キム・ジェファ
パク・ヨンホ役:ペク・スンヒ
チェ・ヒョジュ役:リジ
イ・ソユン役:チョン・ソンギョン
キム・チョルジュン役:ユ・スンモク
チュ先生役:ムン・ヒョンジョン
チョ会長役:チャン・グァン
キム・サンヒ役:ソン・ファリョン
イ・オクヒ役:キム・イェリョン
パク・ジェファン役:イ・ハンウィ
スンナム役:イ・ジュシル
チョおじさん役:チェ・ホンイル
ソ・ジョンウォン役:ワン・ジヘ
チョン・イナ役:キム・ジョンファ
カン・ヒョジュ役:チョン・ヘビン

<注目のOST>
グッバイさよなら:by Peter Han

[MV] Kwon Jin Ah(권진아) – Like a star(별처럼) | 드라마 Oh my baby 오 마이 베이비 OST

©STUDIO DORAGON CORPORATION

コメント

タイトルとURLをコピーしました